公認大会優勝 CAN:D LIVE採用フュージョンサイキック族デッキ

サイキック族
この記事は約6分で読めます。

みなさんこんにちは、ユートです。

今回はみんなのアイドル、サイキック族のフュージョンモンスターCAN:D LIVEを採用したサイキック族デッキが公認大会を優勝したのでどんなデッキなのか考察をしていこうかと思います。そしたらまずは効果から見ていきましょう。

CANキャンディー LIVEライブ フュージョン・効果モンスター
星9/光属性/オメガサイキック族/攻2800/守2400
「CAN:D」+「サイピックアッパー」
【条件】相手フィールドにモンスターがいる場合に発動できる。
【選択効果】
●自分は2000ダメージを受ける。
その後、相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力をターン終了時まで3000ダウンできる。
●自分は1000LP回復する。
その後、自分の墓地のモンスター(レベル7以上/サイキック族)1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

効果をまとめると【相手のモンスターの攻撃力を3000下げるか墓地から上級を特殊召喚する】のどちらかを選ぶという効果ですね。書いてあることはシンプルに強いです。このカードは結構使い心地気になっていた人多かったのではないかと思います。

その中で最近だとシードラゴンナイト入りのドラゴン族と機械族がよく優勝報告が上がっているイメージですがここにきてサイキック族が上がってくるのは個人的にすごく嬉しいです。

それでは早速デッキレシピを見ていきましょう。捌いていくぅ!!!!!

スポンサーリンク

デッキレシピ

モンスター 28枚

☆上級6、☆中級3、☆下級19枚

CAN-Re:D 2枚

ギフトタリスト 2枚

砕光のエスパレイド 1枚

彩光のプリマギターナ 1枚

サイピックアッパー 3枚

ロマンスピック 3枚

CAN:D 3枚

ピース・ホールダー 3枚

ドリームラマー 3枚

ケミカルキュアブルー 2枚

ケミカルキュアレッド 2枚

アメイジングディーラー 3枚

魔法 9枚

サイキックダイバージェンス 1枚

バックビート 1枚

フュージョン 2枚

スターリスタート 2枚

JAM:Pセット! 3枚

 2枚

サイコの落とし穴 2枚

LEGEND

死者蘇生 1枚

エクストラデッキ 15枚

CAN:D LIVE 3枚

ケミカルキュアパープル 3枚

アミュージーハウリングパフォーマー 3枚

ウィスパークFガール 3枚

炎の剣士 3枚

以上55枚がデッキレシピになります。エクストラデッキの『アミュージーハウリングパフォーマー』『ウィスパークガール』『炎の剣士』はおそらく数合わせなので参考にして作る場合はなくても大丈夫です。最悪『CAN:D LIVE』と『ケミカルキュアパープル』も2枚で良いです。というのも3枚使う前に試合が終わることがほとんどだからです。ですので大会に出るまでは2枚で大丈夫です(見栄えが気になる方は3枚推奨)。

メインデッキの半分ほどが最強バトルデッキ(定価¥550)のカードなので始めたばかりの方でも集めやすいです!

フュージョンを採用しない型のサイキック族デッキはこちら

デッキコンセプト、強み

レシピを見た感じでは従来のサイキック族デッキにフュージョンセットが一式そのまま加わった感じですね。サイキック族デッキを使ったことあるひとは割とすぐに使いこなしてしまうかもしれません。

従来のサイキック族の強みは《ロマンスピック》 《砕光のエスパレイド》を筆頭にする中盤の爆発力やモンスター効果を2度使用する効果を持つ《CAN -Re:D》にありました。そこに《CAN:D LIVE》が加わり《砕光のエスパレイド》に頼らずともライフを一気に削りにいく動きが取れるようになったのと、今まで苦手であったフュージョンモンスターやマキシマムモンスターに対しても盤面をひっくり返す力をつけることができました。

《ギフトタリスト》《彩光のプリマギターナ》はモンスター単体で打点をあげれるのでラッシュデュエルにおいて重要な2500ラインを突破するのは簡単で最強のモンスター除去をする魔法の《JAM:Pセット!》があるので今環境に多い機械族やドラゴン族に対しても強いので結論サイキック族は強いです。

ロマンスピック

効果モンスター
星1/光属性/サイキック族/攻 500/守   0
【条件】自分のLPが相手より少ない場合、500LPを払って発動できる。
【効果】自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。
その中にモンスター(サイキック族)がいた場合、
自分の墓地のモンスター(サイキック族)1体を選んで手札に加える。
砕光のエスパレイド 

効果モンスター
星7/闇属性/サイキック族/攻2500/守   0
【条件】自分のLPが1000以下の場合に発動できる。
【効果】相手フィールドのモンスターを2体まで選んで破壊する。
CAN-Re:D

効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2500/守1500
【条件】なし
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター(攻撃力500以下)1体を選んで持ち主の手札に戻す。
このターン、このカードが表側表示の間、自分はモンスター(守備力1500以上)を攻撃表示でアドバンス召喚できない。

エスパレイドの効果はライフポイントが1000以下の時だけなので注意(慣れてくると意外に忘れる)

おすすめのカード☆

ここまでで、優勝したデッキレシピの紹介とその立ちまわりについての紹介をいたしましたが、次は相性のいいカードであったり好みで入れ替えたりする用のカードを3枚ほどでピックアップしていきます。(ここの部分は地域や身内で環境が異なると思うのと個人個人で苦手と感じるところは違うと思うのでそこと照らし合わせて変えてみてください)

シードラゴンナイト

効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1300/守 300
【条件】自分の墓地のモンスター2体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの裏側表示の魔法・罠カード1枚を選んで確認する。
そのカードと同名のカードが相手の墓地にある場合、さらに選んだカードを破壊できる。

人造人間サイコショッカー

効果モンスター(LEGEND)
星6/闇属性/機械族/攻2400/守1500
【条件】なし
【永続効果】お互いは罠カードを発動できず、お互いの罠カードの効果は無効化される。

サイコの落とし穴 (このカードに関しては3枚目の投入)

罠カード
【条件】自分フィールドに表側表示モンスター(サイキック族)が2体以上いる場合、
相手がモンスター(レベル5以上)を召喚した時に発動できる。
【効果】その召喚されたモンスターを破壊する。

《ハーディフェンスミッション》の登場で波が来ていると思うので環境でが増えてくるのではないかという予想でこの辺りの採用も考えてみても良いかもしれません。特にシードラゴンナイトはサイキック族の動きをあまり邪魔せずに使用できるので個人的には好きです。

《サイコの落とし穴》も決まったらほぼ勝てるので個人的には増やしたいです。笑

まとめ

ここまでの文をまとめると

 《アミュージーハウリングパフォーマー》《ウィスパークFガール》《炎の剣士》の枠は入れなくてもよくメインでサイキック族を使わない限りは《CAN:D LIVE》も2枚で良い。

⓶ 《CAN:D LIVE》の登場によって今まで除去する方法が乏しかったマキシマムモンスター、フュージョンモンスターに対応が大幅にしやすくなった。

⓷ 身内や地域によって環境は違うため苦手とする部分に応じてカードを入れ替えよう

です。

この内容でデッキを作ると予算は約18000円程度で決して安くはないのですがその値段以上の働きと成果を上げてくれるかと思うので今何のデッキを作ろうか考えている人は参考にしてみてください。

他のレシピも見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました