公認大会優勝 今期注目の七宝ルーカーの教科書

☆大会優勝考察☆
この記事は約7分で読めます。

今回は《七宝ルーカー》を組もうかと考えてる方はもちろん、初心者でどんなデッキを使うか悩んでいる方であったり勝ちにもこだわり始めた方に向けて執筆している記事です。

この記事だけで初心者でも七宝ルーカーの全てがわかります。

そこで『混沌のオメガライジング!』が発売してから大会環境で見るようになった新デッキ《七宝ルーカー》についてどういうことをするデッキで何が強いのかに焦点をおいて解説をしていこうかと思います。

デッキの名前の通りではありますが、《七宝船》と《邪影ダークルーカー》を組み合わせて《七宝ルーカー》と名付けられたのだと思います。キーカードの《邪影ダークルーカー》は11月6日現在メルカリ相場が3枚700円ほどで今後の活躍によっては高騰も考えられるので今のうちに購入するのもありかもしれません。

個人的に調べたらAmazonの方が安かったです。

それではまずはデッキレシピを見ていきましょう、、、、、

スポンサーリンク

デッキレシピ

モンスター》 上級7、下級24枚
蓮撃竜ドラギアス 3
邪影ダークルーカー 3
エンシェント・アライズ・ドラゴン 1
アッシーホース 3
ネクロマン3世 3
アメイジングディーラー 3
シードラゴンナイト 3
フェニックスドラゴン 3
ドラゴンズアップセッター 3
ドラゴンズセットアッパー 3
ワンレンラムーン 3

《魔法》 7枚
七宝船 2
10sionMAX!! 2
手札活殺 2
死者蘇生(LEGEND) 1

《》 2枚
ハーディフェンスミッション 2


個人的に採用が珍しくて気になったのが《エンシェント・アライズ・ドラゴン》です。

エンシェント・アライズ・ドラゴン

効果モンスター
星7/水属性/ドラゴン族/攻2400/守1600
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで600アップする。
自分の墓地に「クリア・アイス・ドラゴン」と「バーニング・ブレイズ・ドラゴン」がいる場合、
その2体をデッキに戻す事ができる。
戻した場合、相手フィールドの表側表示モンスター(守備力1500以下)1体を選んで破壊できる。

自分のターン限定で攻撃力を3000にする効果ですね。あの青眼の白龍と並ぶ攻撃力に対ししかも下級モンスターの最大攻撃力1500を上回る守備力もあって優秀です。(大会では獣機界奥義 獣之拳とフュージョンモンスターを警戒する必要がある)

攻撃力を上げる効果の他にはモンスター破壊効果が付いていますがデッキに戻す対象のモンスターがいないので残念ながら使えません。まぁ、なくても十分に強いので問題ないですね。

この場合効果自体を発動できないと思われるかもしれませんが条件の部分に記載がないので問題ないです。

デッキコンセプト、強み

結局《邪影ダークルーカー》を使うデッキっていうのは分かったけどどうやって勝ちに行くの??と思う方が大半だと思います。

答えから先にお伝えすると『ダークルーカーで後ろを破壊、隙が出来たところでドラギアスで蹂躙する』これがゴールです。

まずこのデッキのキーカードである《邪影ダークルーカー》の効果を見ていきましょう。

効果モンスター
星7/闇属性/アンデット族/攻 100/守2600
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊し、
相手に1000ダメージを与える。
その後、このカードを持ち主の手札に戻す。

モンスター効果では珍しい魔法罠効果です。まず最初に効果の方から目が行くかと思うのですが、守備力も2600あるので大体のモンスターから身を守れるのも偉いです。

この《邪影ダークルーカー》の効果をこれから紹介していくモンスター達を使って使い回すことを想定して作られたのがこの七宝ルーカーになります。ここを理解していないとこのデッキを使っても強くないのでここはしっかり覚えておきましょう。

初心者でも勝率を上げる方法はまず『カードの役割』を知ること。

どういうデッキかは分かったけど次に疑問に思うのが『使い回すのは分かったけど、どうやって何回も出すの?』というところにたどり着くかと思います。これからその使い回すためのコンボ及びコンボパーツを紹介します。まず前提としてダークルーカーを召喚するための生贄を用意しないといけませんよね?

その生贄を用意するための役割を持つモンスターが4種類存在します。

《ドラゴンズセットアッパー》 フィールドにモンスターがいないと墓地から相方をss

《ドラゴンズアップセッター》 フィールドにモンスターがいないと相方をss

《ネクロマン3世》 相手フィールドに☆7以上が存在するときに墓地の☆3通常モンスターをss

《アッシーホース》 召喚時に墓地の通常モンスター(光属性/水族)を回収

(ss=Special summonの略で特殊召喚、ちなみに通常モンスターは一種類で《ワンレンラムーン》が入ってます。)

この4種類のモンスターは1枚で2枚になれるモンスターで1枚の手札消費で最上級モンスターを出せるモンスターで例えるならエンジンのようなものです。

そしたらそのコンボパーツを集める役割を果たすのが手札交換役でもありデッキ名にもある《七宝船》《アメイジングディーラー》です。

まとめると

《七宝船》や《アメイジングディーラー》で必要なコンボパーツを集める↓

集まったら《邪影ダークルーカー》を使い魔法罠を破壊しにいく↓

フィニッシャーの《蓮撃竜ドラギアス》で蹂躙

こんな感じになります。とても簡単じゃないですか?

この動きをゲームごとに目指していくデッキになります。

ドラギアスで獲れないモンスターは《手札活殺》や《10sionMAX!!!》で対応できます。

オススメのカード

次にこのデッキとの相性がいい、または弱点を補うカードを3枚ほどご紹介しようかなと思います。

この辺りは周りの友達のデッキであったり、自分の苦手とするカードによって変えていけばいいかなと思います。

《ビックリードドラゴン》採用枚数1枚

効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻1600/守2500
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃力が一番高い表側表示モンスター全ての攻撃力はターン終了時まで、
[自分フィールドの攻撃力が一番高い表側表示モンスターの攻撃力]だけダウンする。
このターン、このカードは攻撃表示モンスターにしか攻撃できない。

《シエスタトレーロ》採用枚数1~2枚

効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻1200/守   0
【条件】自分の墓地のモンスター3体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスター(レベル8以下)1体を選んで裏側守備表示にする。
この効果でモンスターを裏側守備表示にした場合、
さらに自分の墓地の「シエスタホールド」1枚を選んで手札に加える事ができる。

《鋼機神ミラーイノベーター》採用枚数2~3枚+その他機械族4~6枚

効果モンスター
星7/光属性/機械族/攻2400/守1800
【条件】なし
【効果】このカードと同じ種族の自分の墓地のモンスターを3体まで選ぶ。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、[選んだモンスターのレベルの合計]×100アップする。
その後、選んだモンスターをデッキに戻す。
この効果でモンスター1体のみを戻した場合、このターン、このカードの攻撃は貫通する。

フィニッシャーはドラギアスに頼っている部分があるため攻撃力2500以上のモンスター(フュージョンモンスター想定)を処理できるポテンシャルを持つモンスターでまとめました。

特にミラーイノベーターに関しては貫通効果を持っているので相手のライフポイントを削り切る点に関しても活躍が期待できます。ミラーイノベーターの採用を考えている方はキャノンソルジャーなどの機械族も一緒に入れてあげてください。この場合機械族はミラーイノベーター抜きで4〜6枚でいいと思います。

今回紹介した3種類ですが、この辺りのカードは序盤に来ても仕事がないため推奨する採用枚数を抑えています。

まとめ

最後にこの記事の内容をまとめると

⓵一枚採用の《エンシェントアライズドラゴン》はドラギアスで倒せないモンスター(フュージョンモンスターや同じ攻撃力のモンスター)を処理する役割で採用されている。

⓶ダークルーカーを使い回しドラギアスで詰めるデッキであることを理解する。

⓷相性のいいカード、弱点を補うカードを自分が苦手とするカードであったり周りの友達のデッキによって組み替える。

以上がこの記事で会得できる内容になります。

このデッキで約10000円あたりで組める内容です、ぜひ参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ラッシュデュエルの今買っておくべきカードはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました