【ゴールドラッシュパック新規モンスター】CAN-Melo:Dを使用した無限ループは強いのか。ダークルーカーシステムと比較してみた。

☆注目のカード☆
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、ユートです。

今、火雷神サンダーボールドを使った無限ループが話題になってますよね。

この記事は

読者
読者

この無限ループほんとに強いの?

読者
読者

無限ループ!?どんなことするの?

こんな疑問に答えていくような記事にます。

無限ループといってもそんなに難しいことはせず簡単なので、覚えて帰ってもらえれば幸いです。

サンダーボールド+CAN-Melo:D

今、話題になっているのが以下の2枚を使用した無限ループです。

《火雷神サンダーボールド》炎 星7 雷族/効果

【条件】このカードを召喚したターンに、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。

【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。自分の墓地にカード名が異なるモンスター(レベル7)が4体以上いる場合、さらに自分の墓地のモンスター(レベル7)一体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

《CAN-Melo:D》闇 星7 サイキック族/効果

【条件】このカード以外の自分フィールドのモンスター(レベル5以上)1体を持ち主の手札に戻して発動できる。

【効果】相手フィールドの裏側表示のカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。自分のLPが相手より少ない場合、さらに自分の墓地の通常モンスター(レベル1/サイキック族)1体を選んで手札に加えることができる。

この2枚を使用したコンボがどんなコンボかというと、

相手の裏側表示のカードを全てデッキに戻してしまうというものです。

マジで強い。。。。。。。。

満足民もびっくりの効果です。

決まってしまえば、ひとたまりも無いですよね。

次に、少々役割が似ている「邪影ダークルーカー」を使用したコンボと比較してみましょう。

ダークルーカーシステムをまだ知らない方は先にこちらからご覧ください。

ルーカーとサンダーボールドのコンボ比較

読者
読者

強いコンボなのは、分かるけど成立する条件どうなの?

読者
読者

ダークルーカーシステムと近い動きだけどどっちがいいの?

結論ですが、 ダークルーカーシステムの方が優れている と思います。

そう思う理由は3つあります。

  • サンダーボールド採用する場合、条件が厳しい
  • ダークルーカーシステム採用型の方が小回りが効く
  • コンボ成立前に試合が終わる

ただ、

新規の「CAN-Melo:D」めちゃくちゃ可愛いから使いたいですよね。

実は、例外もあって、サイキック族デッキを使うのであれば、サンダーボールド軸は強いです。

なぜかというと、LPの調節が簡単であり、墓地を肥やしやすいため。

ということは、条件をクリアしやすいんですよね。

ですが、今のところ

サイキック族以外であれば、わざわざ条件が厳しいサンダーボールド軸を使う理由がない です。

なぜかというと、魔法・罠を除去するのにわざわざ墓地にモンスター(レベル7)を4種類揃える必要があるから。

分かりやすく、二つのコンボの成立条件をまとめました。

サンダーボールド+CAN-Melo:D

コンボ成立条件


・手札に[サンダーボールド+下級2体+墓地or手札にCAN-Melody]の計3~4枚

・墓地に通常モンスター(レベル1/サイキック族)が存在する

・墓地にモンスター(レベル7)が4種類存在する場合

・自分のLPが相手より少ない場合



【コンボ結果】


・場(サンダーボールド+レベル7モンスター)
ダークルーカー+2体分になるモンスター 

コンボ成立条件


・手札に[ダークルーカ−+下級1枚(2体分になるモンスター)]の計2~4枚(相手の破壊したい魔法・罠の数でモンスター数が変動)

・墓地にモンスター(2体分となる素材のついになるモンスター)



【コンボ結果】


・場(モンスターなし)

・破壊した魔法・罠の数×1000ダメージ

二つのコンボの違いは、[場にサンダーボールド+レベル7]か[相手LPに中ダメージを与える]です。

サンダーボールド+CAN-Melo:D 採用デッキ

読者
読者

サイキック族で組めばいいのはわかった。

でもどんな風に組めばいいか思いつかない

構築を教えてくれ!!!!!!!

これ、

みんな思うよね。

そんな方向けにレシピを作成しました。

このレシピであれば、大会で優勝はできます。

そんなデッキがこちら

《デッキレシピ》

※セブンスロード・マジシャン=CAN-Melo:D

出典:遊戯王ニューロン
モンスター(29枚)枚数
《火雷神サンダーボールド》×3
《CAN-Melo:D》×2
《CAN-Re:D》×2
《ギフトタリスト》×1
《彩光のプリマギターナ》×1
《砕光のエスパレイド》×1
《ロマンス・ピック》×3
《マジニカル・ミラクル》×3
《ドリーム・ラマー》×3
《アミュージー・パフォーマー》×2
《未来占者》×2
《CAN:D》×3
《ピース・ホールダー》×3
魔法(10枚)
《JUM:Pセット!》×3
《七宝船》×3
《ララ・バインド》×2
《死者蘇生》×1
《バック・ビート》×1
(1枚)
《サイコの落とし穴》×1

死者蘇生の枠は天使の施しでもいいかなと思います。

デッキの解説はまた別の記事で紹介します。

サイキック族デッキの大会優勝レシピはこちら

まとめ

まとめると

⓵サンダーボールドは条件が厳しいので、ルーカーシステムの方が試合において優れている

⓶サイキック族デッキにサンダーボールドギミックを入れるのはいいが、わざわざ他のデッキでやる理由はない(ルーカーで間に合っている)

今後、新しいカードが登場して、サンダーボールド軸の方が強くなる可能性はありますが、今の立ち位置はこれで間違い無いです。

今回の記事は以上!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました